ネコ型オリーとB型グリュン

アビシニアンのオリバーとB型凝り性、熱しやすく冷めやすいグリュンとの日々を思いつくままに書いていきます☆
Homeこのブログについて | オリバー | 映画 | 音楽 |  | 工作 | いろいろ | 羊毛フェルト | 消しゴムはんこ | イベント | ネコと植物 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝蓋骨脱臼

2008.04.14
ここのところちょっと無気力でブログ活動サボってました。
これからまた頑張ります☆


さて、3月半ばから続いていたオリーの後ろ足びっこ。
今でもたまにやっているのでさすがに心配になり、SNSなんかで調べたところ
膝蓋骨脱臼という病気ではないかとの疑いが出てきました。

と、いうことで日曜日に動物病院へ。
インターネットのクチコミで評判が良かったのでそこの病院にしてみました。

膝蓋骨脱臼とは膝の関節の押さえ部分が外れやすくなっている病気で
ひどい場合は歩行が困難になってしまうそうです。
猫には珍しく、小型犬に多いそうです。
なってしまうと手術でしか治りません。

獣医さんに「膝蓋骨脱臼では無いかと思うのですが・・」と言ったところ、
やはり猫では聞いたことないとのこと。
半信半疑で検査をしていたのですが、
「あ、本当だ!猫では初めて見ました!」って・・・。

ただの捻挫でいて欲しかったのですが、とっても残念です。
今のところは関節が外れてもオリーが自力で治せるので
(足を伸ばしたりして自分ではめています)特に治療は必要ないとのことでした。

が、今日は以前にも増してひどくなってます・・・
ここのところは一日に何回かびっこ引いてすぐに治るという感じだったのに
今日はほとんど常にびっこ。
自分で伸ばして治せない・・・。

昨日の検査の時に、獣医さんが手で関節をポキっとやっていたので
そのせいかなとか思ってしまったり・・。
評判の獣医さんは昨日はご不在で、若い先生だったので。
疑ったって仕方ないのですが、急にひどくなったので落ち込みます

今日は足がおかしいせいでオリーは元気がありませんでした。
歩くたびににゃーって言うし、痛いのかなと心配になります。

獣医さんの話では、関節が外れて戻る分には痛みは伴わないということだったので
少し安心していたのですが。


明日様子を見て、このままの状態が続くようであればまた病院に連れていこうと思います。
膝蓋骨脱臼はアビシニアンはなりやすい様なので、気をつけてください!

それと、獣医さんがおっしゃっていたのですが、後ろ足を引きずるようにして歩く場合は
心臓に疾患がある場合があるらしいので、気をつけてくださいね!
これは若い猫に多いらしいです。

動物は言葉を話せないし、猫は特に痛みや弱みを表に出さない動物だということなので
私たち飼い主が常に注意深く見てあげないといけませんね。


元気無い中、ドラクエ中の私の足元でごろんとしてくれたオリー
P4141986A.jpg

写真なんて撮ってにゃいで




P4141989A.jpg

早くレベル上げるにゃ!




今日は長々と暗い話になってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました☆



頑張るオリーに応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ 人気ブログランキングへ
↑2つのランキングに参加してます!
1日1回1クリックでランキングに投票となります!
それぞれクリックして頂けると毎日更新の励みになります☆
コメントなんか頂けると嬉しいです♪

スポンサーサイト
テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット
オリバー    Comment(9)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment

おつかれさまです - ashry

グリュンさん、オリーくん、病院お疲れさまでした。大変ですよね、心配ですよね~(T^T)アビシニアンを含め、血統書付猫ってやっぱりどこかしら弱いところがでてきてしまうんですよね。ashも病気がちで病院の先生に言われます。それにあたらしい土地での獣医さん探し・・ご察しします(><)オリーくん手術しないで治ればいいですが・・。手術によりのストレスも気にかかるところですよね。おだいじにしてください!!
2008.04.14 Mon 23:58 URL [ Edit ]

- runyan

こんばんは。
膝蓋骨脱臼ってなりやすいのでしょうか?
前に我が家にいたアビもなってました。何回もやっていると癖になると言われました。
本猫は、うまく伸ばして戻せていたし、元気にしていたのであまり気にならなかったのですが。すごく狭い隙間を無理に出入りして、その時になっていたようでした。(幸いなことに、隙間をふさいで通れなくしたら治まりました)
オリー君、脚をひきずる時間が長いのなら心配ですね。何かきっかけになることとかあったのでしょうか?なるべく、手術以外で治ってくれると良いですね。
2008.04.15 Tue 01:03 URL [ Edit ]

- natsu

はじめまして、猫足へのコメントを読み早速訪れました。
グリュンさんのご心配よーく分かります。オリー君の症状はまるっきりジュリと同じですね。オリー君の場合は歩くたびに鳴くそうなので、関節の炎症が悪化しているのかしら?関節同士が擦れて痛いのかも。
ご質問の生牛肉の食事療法ですが、ジュリは今も一日朝・晩で一食分生牛肉35g+おからパウダー小さじ山盛り1(便秘予防)を続けてますが、一度も脱臼をしてません。最近は朝忙しい時などはぶ~にゃんと同じカリカリ(ウォルサムphコントロール)を一回分18g食べてますあげてますが、問題ない状態です。ちなみにジュリの体重は3.8~4gです、本来のジュリの体重だと生牛肉50gぐらいあげてもよいのですが、ジュリは極端に運動量が少ないぐーたらニャンコなので30gが適当みたいです^^; 生牛肉の量は個体差もあるので、体重をチェックしながら調節していくのが良いかと思います。アレルギーが出る場合も考えて最初はいつものご飯と一緒に少しづつあげるといいかも。獣医さんによっては生牛肉の食事療法をよく思わない方もいらっしゃるかと思いますが、念の為獣医さんに相談されてから始めると良いかと思います。ジュリの場合は生牛肉療法の効き目ありでしたが、これで症状が治らない場合はサプリを試す形になるかと思います。手術をしない治療をしていけることを願ってます!
私でお手伝い出来る事がありましたら是非言ってくださいね(^^)

2008.04.15 Tue 08:24 URL [ Edit ]

- natsu

ごめんなさい、訂正です!


>ちなみにジュリの体重は3.8~4gです、本来のジュリの体重だと一食分生牛肉50gぐらいあげてもよいのですが、ジュリは極端に運動量が少ないぐーたらニャンコなので一食分35gが適当みたいです^^; 
2008.04.15 Tue 08:26 URL [ Edit ]

- まちねぇ

新しい場所での病院探し、ご苦労さまでした。
アビは膝蓋骨脱臼になりやすいってはじめて知りました。
20年も猫と暮らしていますが、まだまだ知らないことがたくさん!
グリュンさんもたいへんですが、オリーくんが一日も早く良くなるようお祈りしています☆
2008.04.15 Tue 09:24 URL [ Edit ]

- おさむにぃ

こんばんは!

オリバーくんの足の様子を気にかけていたんですが、まだ治っていなかったんですね。
しかも、さらに心配な事態になってしまって。。。

適切なアドバイスができなくて申し訳ありませんが、ただただ早く良くなるように祈るばかりです!

ブログ活動のほうは、僕もサボっていたしマイペースが一番だと思います。
日記をアップしたり、お友達のブログにコメントを入れたりするのは意外と大変だというのは僕もわかっています。
アタマを使うことですから、仕事をしていたり他のことに集中しているとそこまで気力がでないんですよね。
そういう意味で無気力になるのは仕方ないと思います。

とまあ、あまり関係のないことを書いてしまいましたが、グリュンさんのお気持ちは十分理解しているつもりですので、いろいろ大変だと思いますが、頑張って下さい。
応援しています^^
2008.04.15 Tue 19:22 URL [ Edit ]

- グリュン

皆様、ご心配ありがとうございます!

>ashryさん
ash君も病気がちなんですね。本当、かわいそうで辛いですよね。
雑種は交配のときにそれぞれの種の強い遺伝子が
残っていくので、丈夫な子になりやすいですが、
純血種同士の交配は種特有の疾患すら残ってしまうので、
やっぱり弱い子が生まれやすいって聞きますね。
お互い元気な子を育てたいですね!

>runyanさん
アビシニアンの特徴を説明したサイトなどには、
気をつける病気として皮膚病と並んで膝蓋骨骨折も明記されていましたので、
他の種類に比べるとやはりなりやすいのかもしれません。
runyanさんのお宅の猫ちゃんは治ってよかったですね♪
自分の子が不自由にしているのを見るのはとても辛いですものね・・。

>natsuさん
早速のご回答、とても嬉しいです!ありがとうございます!
同じ病気の猫ちゃんを飼っていらして、しかも克服したという
方のお話を伺えるのはとても心強いです!
私も獣医さんに相談してから、runyanさんが紹介されていた
お肉ショップで牛肉を買ってみようと思います。
また質問なのですが、ジュリちゃんは股関節形成不全ももっているということなのですが、
歩くときに股関節の辺りからO脚のようにして歩いていましたか?
オリーはそうなるのですが、これは膝のせいなのか
股関節のせいなのか気になっています。
獣医さんには猫の股関節形成不全はほとんど気付かれないと
いうことなので、またこちらから言ってみようと思っています。
このコメント欄での質問になってしまって申し訳ないのですが
教えていただけると助かります。
よろしくお願いします!

>まちねぇさん
猫の図鑑みたいなもので目にはしていたのですが、まさかうちの子が・・・という感じです。
膝蓋骨脱臼は先天性でも少し育ってからも症状が出るみたいなので
ロビン君もラムちゃんもならないで元気に育ってほしいです☆
追いかけっこも満足に出来なくてかわいそうですからね(>o<)

>おさむにぃさん
オリーのこと、心配して頂いていたとはありがとうございます!
早く楽にしてあげられるように情報を集めて頑張ります!
最近、おさむにぃさんがブログを書かれていないなぁと
実は思っていました。
ブログはこれでなかなか時間を要しますし、気分が乗っていないと
結構難しいですよね。
オリーの病気とドイツ語とドラクエのやりすぎ(笑)で
脳が疲労困憊だったのかもしれません。
のらりくらりやっていきますので、これからもよろしくお願いします!


2008.04.16 Wed 09:09 URL [ Edit ]

- blueblue

こんばんはー

我が家のにゃんこ(アビシニアン5歳元男の子)も
膝蓋骨脱臼だったので思わず書き込んでます。

高い所から飛び降りたあと足をひきずっているので
病院でレントゲンをとったらそう診断されました。

猫には珍しいといわれましたが
いろいろ検索したら、アビシニアンにはあるようでした。
私が見たサイトの方は手術されたようです。

私は病院 2軒行きました
1軒目では様子を見ましょう
2軒目では手術したら?と言われました。。。

動揺しましたがまずは原因をなくそうと思い
高い所をなくして 飛び降りできないようにしたら
症状が出なくなりました。(治ってはいないと思います)

体重減らすよう言われましたが今約5キロです・・・
あと 歩く、運動をさせて
筋肉鍛えるよう言われました。
関節系のサプリも飲んでましたが
今は飲んでいません。

にゃんこによってきっと症状に差があるのだと思います。
何度もはずして戻してを繰り返していると
骨が徐々にこすれて、けずれて常に外れているということになってしまうと聞きました。

我が家のにゃんこは他にアレルギー性の皮膚病を患ってまして
この診断を聞いたときは本当に号泣してしまいました。
その後腎臓も悪いとわかりさらに悲しくなりましたが
本猫は 今も元気ですし
私も明るくいよう、と思っています。。。

グリュンさんのお気持ち お察しします・・・
もし気になるなら別の病院で
見てもらうのもいいかもしれません。

あまりアドバイスにならなくて申し訳ありません。
とにかく早く良くなりますように。
長文失礼しました。
2008.04.16 Wed 20:20 URL [ Edit ]

- グリュン

★blueblueさん
はじめまして!コメントありがとうございました!
同じ病気の猫ちゃんの飼い主さんからのお話を伺えるのはとても心強いです。
本当に、なんでうちの子が・・・とすごくショックですよね。
blueblueさんの猫ちゃんは腎臓も悪いということで
わかったときは本当にお辛かったと思います。
でも今は元気にされているということで安心しました。
オリーも皮膚が弱く、首の後ろが掻き傷になっています。
アビシニアンは皮膚が弱いみたいですねi-241

膝蓋骨脱臼については食事療法と、リハビリの運動、高いところからの飛び降りに注意して
症状を出ないようにしていければと思っています。

お互い、かわいい猫ちゃんのために頑張りましょう!
ありがとうございました☆
2008.04.16 Wed 23:09 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://gruenepunkt.blog5.fc2.com/tb.php/73-bd91f99b
Template by まるぼろらいと

Copyright ©ネコ型オリーとB型グリュン All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。