ネコ型オリーとB型グリュン

アビシニアンのオリバーとB型凝り性、熱しやすく冷めやすいグリュンとの日々を思いつくままに書いていきます☆
Homeこのブログについて | オリバー | 映画 | 音楽 |  | 工作 | いろいろ | 羊毛フェルト | 消しゴムはんこ | イベント | ネコと植物 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カイロプラクティック

2008.04.16
今日はオリーの膝蓋骨脱臼に関連して(?)カイロプラクティックのお話。

私は骨盤やら背骨やらがちょっとずれていて(大体の人がそうかもしれませんが)
めまいがしたり、しびれたり息苦しくなったりすることがあって
カイロプラクティックに通っています。

マッサージとか整体とか、いろんなところに行きましたがいまいち効果が無かったのですが
大分に来てネットで調べたカイロ院がなかなか良くて助かってます。

行く度に、この部分はこの神経につながってるから・・・と説明しながら
治療をしてくれて、そこを治療したらその場で効果が出るというのがすごいところ。
たとえば、今まで思うように力が入らなかった部分が、治療後すぐに力が入るようになったり。

その中で、日常生活で気をつけることを教わったので書いてみます。

●歩くときは手のひらを後ろに向けて、きちんと腕を振る
  人間は腕を振って歩くように出来ているため、振らないと神経がずれてしまうそうです。
  手のひらを後ろに向けるのもポイントだそうで。
  モデルさんの歩き方は神経的に見ても、理にかなっているんですって。
  確かに振らずに歩いてから力の入り具合を調べたら、足の力が弱くなっていました。
  私は左手にいつも荷物を持って歩いていたので、左足の神経がずれていたようです。

●靴は1・5cmくらい大き目のサイズを履く
  小さい靴を履くと、足の指が縮こまって足の慢性的な痺れにつながったりするようです。
  夕方になると足がむくむので、これくらい大きいほうが良いそうです。

ほんと、人間の力って偉大だなぁと思います。
脳神経外科にいってMRIとかCTとか撮っても、神経科や整形外科に行っても
「何も異状は無いので気のせいでは?」とか言われて困っていたのに
何の道具も使わずに治すんですからね。
ただ、カイロは日本ではまだ免許制になっていないため、無資格で営業しているサロンも多いそうで
治療後に逆に症状が悪化してしまうこともあるそうなので、
サロンに行く前は良く調べてから行かれるほうが良いと思います。


今日のオリーは割合元気でした。
足はたまに外していましたが・・・


P4162018A.jpg

どこに乗ってるのよ~


P4162022A.jpg

ここにゃ♪

わざわざそんなところに乗らんでも・・・


そんなオリーはただいま足元で熟睡中zzz
P4162024A.jpg



この手がかわいい♪
P4162028A.jpg



最近、字ばっかりで読みづらくてすみません!!



頑張るオリーに応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ 人気ブログランキングへ
↑2つのランキングに参加してます!
1日1回1クリックでランキングに投票となります!
それぞれクリックして頂けると毎日更新の励みになります☆
コメントなんか頂けると嬉しいです♪


スポンサーサイト
テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット
オリバー    Comment(5)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment

- おさむにぃ

病は気からとは言いますが、身体の変調が気にも影響を及ぼしますよね。

そうならないためにも、生活習慣での注意すべき心掛けってあるんでしょうね。

オリバーくん、気持ち良さそうに寝ていますね♪

寝ているときは痛さも忘れていいかもしれませんね^^

やっぱり、人も猫ちゃんも寝る時間は大切ですね~
2008.04.17 Thu 01:49 URL [ Edit ]

- natsu

オリー君、少し元気になって良かったですね!
コンパクトに丸まって寝ている姿が可愛い~、お手手をギュッと握りたくなっちゃいますね。

是非是非、生牛肉の食事療法を試して欲しいです。
個体差はあるので何ともいい難いですが、食事療法を始めて2週間でピタリと脱臼が止まったのを目にしているので試す価値はありかと思いますよ!まずはオリー君が生牛肉を毛嫌いしないで食べてくれるかが心配。ジュリは最初から生牛肉OKでしたね、ぶ~にゃんも最初は毛嫌いしてましたが今はカリカリよりも生牛肉の方が大好きですからオリー君も食べてみてねーっ(笑)
生牛肉は赤身のあるものをチョイスしてあげて下さいね。
あ、これはまだ先の話ですが・・・後ろ足の筋肉を毎日触って筋肉の付き具合をみる癖をつけておくといいかもです。生牛肉を開始し後ろ足強化のリハビリジャンプ運動を始めたら、眠っている時などに足の筋肉をさすってマッサージをしてあげるといいと獣医さんにアドバイスを貰いましたよ。

>また質問なのですが、ジュリちゃんは股関節形成不全ももっているということなのですが、
>歩くときに股関節の辺りからO脚のようにして歩いていましたか?
>オリーはそうなるのですが、これは膝のせいなのか
>股関節のせいなのか気になっています。

歩く姿を後ろから眺めた時にモンローウォークのようになる場合は股関節形成不全の可能性があるそうですが、確かのジュリはオチリぷりぷり~のモンローウォークをします。膝蓋骨脱臼と股関節形成不全の兼ね合いでやはりそうなるのかな~とは思いますが、極端ではないので発症するまで気にした時がありませんでした。オリー君はレントゲンはとったのかしら?ジュリのレントゲンはこんな感じです→ http://ameblo.jp/nekoashi/entry-10010942151.html レントゲンは獣医2名と旦那で身体をおさえて撮影、ジュリは恐怖で大暴れでした~見ていても辛かったです。ジュリ以上に暴れる猫だと麻酔をしてからの撮影になると思いますがこれは出来れば避けたいところです。オリー君も麻酔なしでレントゲンを撮れるといいのだけど、レントゲンを見ると股関節形成不全かどうか明らかになると思うので。

>獣医さんには猫の股関節形成不全はほとんど気付かれないと
>いうことなので、またこちらから言ってみようと思っています。

そうなんですよねぇ、最初に診察を受けた獣医さんも膝蓋骨脱臼はもとより股関節形成不全にも全く気付かなかったので、近所の獣医さんとかではやはり気付きにくいと思われます。2度目に訪れた病院は外科専門で猫の膝蓋骨脱臼の手術もしている所だったので、触診だけで股関節形成不全も伴ってますね~と言われましたね。
以前、kanon_nekoさん( http://kanonneko.exblog.jp/ )にアドバイスを頂きましたが、他の病院を探す場合は病院HP等で先生の経歴で外科経験があるかを確認されるといいとのこと。電話で確認する際も、「膝蓋骨脱臼や股関節形成不全の経験」というよりも「専門はなにか」と聞いたほうがいいそうです。循環器や腫瘍学が専門の先生では、専門外となって経験がないかもしれないからだそうです。(人間の医師と同じで、得手不得手があるということです。)

そうそう、カイロ私も通ってます!膝と腰の痛みで病院へ行きレントゲンまで撮ったのに異常なし。でもカイロに行き始めてから調子イイです♪
あ、長々書いてしまってすいませんでした~^^;
2008.04.17 Thu 11:54 URL [ Edit ]

- まちねぇ

猫は不思議な場所が好きですよね~♪
オリーくん、気持ち良さそうに寝ています^^v
猫の寝起きの伸びとかがヨガのポーズになっていたり、
人が猫に学ぶべきこともいろいろあるのかもしれませんね!

オリーくんが早く良くなるよう、お祈りしています☆
2008.04.17 Thu 12:34 URL [ Edit ]

- シンバのママ

猫でも脱臼とかあるんですね。初めて知りました。様子がおかしいときは早めに病院に連れて行ってあげるべきだと思いました。ワタシも身体がかなりずれてるらしく、整体に一時期通ってました。おばあちゃんみたいな膝の痛みもなくなり身体のゆがみって怖いなと思い知らされましたよ。
2008.04.17 Thu 15:31 URL [ Edit ]

- グリュン

★おさむにぃさん
そうなんですよね~。猫もストレスで具合悪くなるって
言いますし、人間も自律神経の乱れによって具合悪くなりますからね。
たっぷりの睡眠と栄養で体調管理のかなりの部分は
カバーできそうですし、規則正しい生活がどんな薬よりも
健康に良いですよね。
わかっててもなかなか実行できないもどかしさi-229

★natsuさん
とっても丁寧なお返事、ありがとうございます!!
すごく心強いです!
早速昨日、GEN-meatさんで馬肉と牛肉を注文しました♪
明日届く予定です。
オリーの足が良くなる期待大なので、あげるのがとても楽しみです。
オリーはあんまり食にこだわりが無いようなので
多分食べてくれると思います☆
後ろ足筋肉チェックもやってみます!

モンローウォークですか~あんまりそんな感じはしないので
もしかしたら膝が外れているのをかばって歩いているので
変な風に見えるのかもしれません。
病院の翌日よりは関節を外す頻度が減ってきて割合元気に
しているので、少しホッとしています。
もしレントゲンを撮ることになっても、多分オリーは暴れないんじゃないかと思います。
獣医さんであれ、誰であれ、触ってくれる人にはゴロゴロ言ってますので・・(笑)
麻酔は怖いので、できるだけ使いたくないですものね・・。
次に病院に行くときは、まずこの前の病院で院長さんがいるときに
行ってみようと思います。
それでもダメだったら、外科専門の先生を探してみます!

natsuさんもカイロに行ってらっしゃるんですね。
そうなんですよね~レントゲン撮って、異状ないから大丈夫とか
お医者さんに言われると、「こんなに辛いのに異状無いなんて・・」
って逆に凹むんですよね。
でもカイロで調子良くなったみたいで良かったです。
機械での検査も大切ですが、それに頼らない治療も重要ですよね♪

★まちねぇさん
そうなんですよね~わざわざ狭い変なところに入って嬉しそうにしてるんですよね。
それがまたかわいいんですけどi-229
野生動物時代の身を守る術が遺伝子の中に入ってるんでしょうね。
猫の伸びのポーズの瞬間ってかわいいですよね♪

★シンバ君のママさん
そうなんです。脱臼するんですよ~猫なのに!って感じですけど。
アビは気をつけるべき病気として皮膚疾患と膝蓋骨脱臼みたいです。
いつも元気いっぱいの息子を見ていたいので
気をつけて見ていてあげないとですよね。
本当、身体のゆがみって怖いですよね。
少しのずれで痛みやめまいや自律神経の乱れにつながるので。
歪まないためには適度な運動をして筋肉をつけて
骨盤を安定させるのが良いみたいですが、
う~ん・・・なかなか毎日運動できないんですよね~。


2008.04.18 Fri 23:57 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://gruenepunkt.blog5.fc2.com/tb.php/75-311ce0b1
Template by まるぼろらいと

Copyright ©ネコ型オリーとB型グリュン All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。